ドローン撮影

上空から卒園記念の撮影をしました

よく晴れた秋空の中、綺麗に色づいたオハツキイチョウを入れて令和2年度卒園記念の撮影を行いました。

撮影場所は醒井保育園

米原市醒井にある了徳寺に隣接されている保育園です。

なんとこのイチョウの木 国の特別天然記念物で文化庁の文化財のデータベースにも掲載されています。

このイチョウの木を上空から撮影してみない?と提案してみたところ快く承諾していただき、どうせなら卒園記念の撮影にしようと卒園児と担任の先生で

記念撮影をしました。

 

撮影の絶対条件として

園児に危害が加わってはいけない

なのでドローンは上空に上げるだけ。カメラの角度で撮影することとしました。

撮影の様子

めったにみない機械。

最近はトイドローンなんかで少し子供にも身近になったとはいえ子供たちのテンションも上がり気味。

 

トイドローンでもGPSがついているタイプがオススメです。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/vaniastore/tel0001set03.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title

私が一押しするのはTELLOです。こちらの商品はすべてセットですよ。

 

自分の息子もこの中にいるのですがテンションもマックス!

機体の組み立て作業を興味深く見ていました。

 

まずは機体を上空にあげて担任の先生と撮影角度やアングルの調整。

機体が上がるときの音でびっくりしてしまう子もいましたが「すげー!」「かっこいい!!」なんて子も。

そのまま機体の位置は固定。

あとは先生にポーズをとってもらったりみんなで円になったりハートの形になってみたり!

 

撮影時間は10分ほど。

一度機体をおろして先生と撮影した写真の確認。

一発OKでいい写真が取れました。

撮影時に注意したこと

まずは絶対条件の子供たちに危害が加わってはいけない

それだけではなくイチョウと共に子供の笑顔が映らなくてはいけないので高度は19メートル

使用カメラはX5S

夕方の時間だったので西日にも注意して機体の位置を決めました。

 

また、子供は「ここからこっちには絶対に入らないように!!」と指示し、撮影エリアと機体のエリアを分けた上で、機体の直下から3メートルの半径には入らないようにしました。

 

今回こちらに掲載した写真はボツ写真。

採用写真は卒園式の日までお楽しみに。

興味のある方は下記サービスを参考にしてくださいね。

関連サービス
ドローンを使った記念撮影

続きを見る

-ドローン撮影

© 2021 住まいる設計工房 Powered by AFFINGER5